個別指導塾のメリット・デメリット

個別指導塾のメリットとは?

子供たちが通う塾には、大きく分けて総合塾と個別指導塾の二種類があります。前者が主に複数の生徒に対して講師が講義を行うスタイルであるのに対し、後者は基本的に講師と生徒がマンツーマンで向き合って指導に当たります。この個別指導塾の最大のメリットは、講師と生徒が一対一の関係にあるために、生徒の個性に応じたきめ細かな指導を行えるという点にあります。例えば、理解度が低い生徒に合わせて少し簡単な問題集に変えてみたり、逆に優秀な生徒にはより高度な問題集を与えてみたりといった具合に柔軟に対応することができるのです。また、生徒の側としても気軽に疑問に思ったことなどを質問しやすいため、理解度が足りないまま授業が進んでいってしまうという事態を回避しやすいのもメリットであるといえるでしょう。

個別指導塾のデメリットとは?

個別指導塾にはメリットだけでなく、いくつかのデメリットも存在します。その一つが塾の費用です。総合塾に比べると個別指導塾のほうがどうしても一人の講師が受け持つことができる生徒の数が少なくなるため、必然的に料金は高くなる傾向にあります。もちろん、それに見合うだけのメリットはあるわけですが、家計との兼ね合いで許容できる範囲かどうかを慎重に判断する必要はあるでしょう。また、二つ目のデメリットは、もし生徒と講師の相性が良くなかった場合には、かえって学習効率が悪くなる可能性があるという点です。人間である以上、どうしても合う合わないといった事態は起こりえますので、もし講師が合わないと感じたらだらだらと続けずに速やかに他の講師に変える決断が求められるでしょう。

© Copyright One-On-One Teaching. All Rights Reserved.